株式会社アーツ Advanced Rescuer of Telecommunlactions System

STAFF 社員紹介

課長代理桑山 洋

1969年生
2006年入社
2013年課長代理

 

アーツってどんな会社ですか?
この業界でトップクラスの安全意識の高さと技術力を誇る会社だと思いますね。
また、各社員がそれぞれの得意分野を生かして、共有しながら、会社一丸となって多様な業務に対応できることがアーツの強みです。
仕事の魅力はどんなところですか?
アーツの仕事は「通信キャリア様の通信設備構築」です。
世の中の人が「通信」というインフラを通じてより良い生活を送ってもらえるように、通信設備を社員一丸となってコツコツと作り上げていく過程に魅力を感じます。
仕事で気を付けていること、大切にしていることは?
まずは何より「安全第一」です。
一緒に働く仲間や自分が怪我をしないよう、通信設備を傷つけないように日々気をつけています。
大切にしていることは仲間、お客様とのコミュニケーションを図ることですね。同じ意識で仕事が出来ているか、同じベクトルを向いて仕事ができているかの確認が大切ではないかと思います。
達成感、やりがいはどんな時に感じますか?
発注者様や元請け会社の方から依頼されたものが完成した時、正常に動作することが確認できた時に達成感を感じます。
そして、その完成したものが役目を終えて撤去されるその日まで、自分の作った通信設備がいわゆる「作品」として残るわけです。
その作品が世の中に役立っていることにやりがいを感じますね。
アーツは改善活動に力を入れていますが、なぜですか??
以前、アーツは事故を発生させたことがありました。その事故を契機に安全に仕事をするために、社員皆が真剣に「改善」に取り組まなければならないと感じたんです。
「より安全で高品質」な仕事が出来れば、お客様に喜んでいただけるだけでなく自分たちの幸せにもなると気付き、改善活動に力を入れることにしたんです。その甲斐あって、アーツは業界内トップクラスの改善活動を行っている会社となりました。
桑山さんも改善に力を入れてますよね?
そうですね。「改善」を考えているときは頭を使いますが、とても楽しいからなんです。
まず何より「安全」に仕事ができるようにすること、その次に「より楽」に仕事が出来るようにすることを考えてます。
楽にと言ってもそれは手抜き、横着ではなく、誰がやっても簡単で同じ品質のものが作れるようになることを目指しています。
10年後アーツはどんな会社になっていますか?
そして桑山さんはどうなってますか?
「東海エリアにアーツあり!」と、この業界で全国に名をはせる会社になっているでしょう!
自分は若くはないですが、アーツの「番頭」と呼ばれる存在になっていたいですね。
アーツに向いている人、楽しめる人ってどんな人ですか?
ものを作ることが好きな人、ネットワークに興味がある人はいいんじゃないでしょうか。
一般の人では絶対を見ることができないものを見ること、作ることができるのでめっちゃ楽しいですよ!!
未来の社員の方に一言お願いします。
アーツでは技術の向上はもちろん、人としての成長もできる魅力のある会社です。もちろん大変な時、大変な仕事もありますが、社員みんなが「愛情」をもって指導してくれ、支えてくれます。
是非一緒に日本の通信の中枢を作ってみませんか?楽しいですよ!
上司にズバッと一言お願いします
これからも楽しい仕事をたくさん受注して下さい!!(笑)
社長にズバッと一言お願いします
社長は働き過ぎです。(笑)セーブして体を大切にして下さい!
社長は社長室でじっとしてればいいんですよ!(笑)