株式会社アーツ Advanced Rescuer of Telecommunlactions System

STAFF 社員紹介

担当部長内藤 大基

・1972年生
・1995年入社
・2006年担当課長
・2015年課長
・2016年部長補佐
・2017年担当部長

出身地は?
日本の中心
静岡県袋井市
あなたの座右の銘は?
これでいいのだ
特技を教えて下さい
知らない知識を最もらしく言う事
苦手な事は?
感情的になる事
学生時代はどんな勉強してましたか?
情報処理系の専門学校に通ってプログラム言語などを勉強してましたが、今とは使用言語も全く違い、直接役に立っているとは言い難いです。ちょっとした書類にVBAを仕込む程度には役立っていますけどね。
どんな企業に就職を考えていましたか?
寧ろ積極的に就職するつもりも無く、何も考えていませんでした。
なぜアーツに入社を決めたのですか?
クラスメイトがアーツの会社説明を聞いてきて「もう1人募集してるよ」って言われて、それならと自分もと思って応募したら受かっちゃいました。
入社後に苦労したことはありますか?
入社当時は社員それぞれの勤務地がバラバラで、アーツ社員全員と顔を合わせたのは入社して大分経ってからでしたので、寂しかったですね。
通信建設業界で働く魅力はどんなところですか?
通信の最先端の仕事をしている事です。
漠然と使っている携帯電話が何故相手に繋がるのかとか知っていると面白いと感じます。
どんな時に仕事の達成感、やりがいなどを感じますか?
お客様である元請け会社の方から自分を指名で仕事が来て、それを無事に完遂する事が出来ると達成感を感じますし、また次に繋がるのでやりがいがありますね。
アーツの社風や文化で誇れるところはどんなところですか?
逆に改善した方がよいところはどんなところですか?
いい点は、上下無く言いたいことは言える環境がいいかもしれないです。
改善点は、言葉だけでなく行動で安全第一を実行しなくてはいけないところですかね。
幹部として抜擢されたときはどのように感じましたか?
幹部社員としてのやりがいはどんなところですか?
プレッシャーやストレスを感じるのはどんなところですか?
やっと来たかと思いました!!
管理職と言いながらも、社長の方針にも口を出す事が出来きますしね。
仕事が上手くいくのは部下のお手柄で、失敗やうまくいかない時は管理職の責任が問われますのでストレスを感じる事もたまにはあります。
アーツで働くのに向いている人、楽しめる人、向いてない人はどんな人ですか?
人と話すのが好きな人、手を動かして物を作るのが好きな人は楽しんで仕事が出来ると思いますよ。
反対に、運動や高い所が嫌いな人、機械や電気が苦手な人、チームを組んで仕事をするので自分優先な人は向いていないかもしれません。
新入社員にはどんな指導・教育をしてあげますか?
とにかく、人にも物にも如何に安全に仕事をするかを徹底的に指導します。
そして、仲間や関係者を慮る事を教育します。
十年後アーツはどんな会社になっていますか?
CMが打てるぐらい大きな会社になってるといいと思ってます。それできっと自分はすっかり現場から退いて、若い人たちが活躍して会社を廻してくれています。
元請会社が出来るぐらいの力が付いて、更に信頼されているようになりたいですね。
未来の社員の方に一言お願いします
通信の形態はどんどん変化して行きますが、それに乗り遅れなければ決して無くなる事は無い仕事です。
正直キツイ事も多々ありますが、きっと大丈夫!
社長にズバッと一言お願いします
あと20年? 一緒に踏ん張りましょう!